インフルエンザ情報サービス サイトマップ
シニアの写真

日常生活でできる予防方法

日常生活ではまず、体調を整えて抵抗力をつけ、 ウイルスに接触しないことが大切です。
また、インフルエンザウイルスは湿度に非常に弱いので、室内を加湿器などを使って適度な湿度に保つことは有効な予防方法です。


栄養と休養を十分取る
1.栄養と休養を十分取る  体力をつけ、抵抗力を高めることで感染しにくくなります。

人ごみを避ける
2.人ごみを避ける  病原体であるウイルスを寄せ付けないようにしましょう。

適度な温度、湿度を保つ
3.適度な温度、湿度を保つ  ウイルスは低温、低湿を好み、乾燥しているとウイルスが長時間空気中を漂っています。 加湿器などで室内の適度な湿度を保ちましょう。

外出後の手洗いとうがいの励行
5.マスクを着用する  ・・・手洗いは接触による感染を、うがいはのどの乾燥を防ぎます。

マスクを着用する
4.外出後の手洗いとうがいの励行  ハイリスク群などどうしても予防が必要な方はマスクを着用しましょう。罹患した人では、咳やくしゃみの飛沫から他人に感染するのを防ぐ効果もあります。『人に対して』という意味で『エチケットマスク』などといわれることもあります。


監修 長崎大学名誉教授 松本慶蔵
ウェブサイト利用規程個人情報の取り扱いについて
Copyright(c) Chugai Pharmaceutical Co.,Ltd.All rights reserved.