インフルエンザ情報サービス サイトマップ
基礎知識

インフルエンザが引き起こす合併症

インフルエンザにかかると合併症を引き起こす恐れがあります。
合併症の種類は様々で中には死に至る重大な合併症もあります。


インフルエンザ脳症
最近、日本では小児のインフルエンザ脳症が深刻な問題になっています。 流行によって異なりますが、幼児を中心として、毎年約100〜500人の発症、その10〜30%が死亡、 そしてほぼ同数の後遺症患者が出ていると推測されています。原因は不明ですが、 インフルエンザウイルスの感染が発症の引き金となり、突然の高熱に始まって、 1〜2日以内に昏睡などのさまざまな程度の意識障害をおこし、短期間の内に全身状態が悪化し、死に至ることがあります。

<インフルエンザ脳症 研究の歩みと最新の研究について詳しく解説・映像化してます 学術ビデオ:約23分>


その他の合併症

その他の合併症


監修 長崎大学名誉教授 松本慶蔵
ウェブサイト利用規程個人情報の取り扱いについて
Copyright(c) Chugai Pharmaceutical Co.,Ltd.All rights reserved.