インフルエンザ情報サービス サイトマップ
Q&A

治療(薬)について
ノイラミニダーゼ阻害剤:オセルタミビル(商品名:タミフル)

Q.1 タミフルをインフルエンザの予防に使えると聞いたが、どんな人が処方してもらえるのか?
Q.2 タミフルは、薬局、薬店で買えるのか?
Q.3 1シーズンに何回も予防のためにタミフルを処方してもらうことはできるのか?
Q.4 インフルエンザのワクチンを接種していても、病院でタミフルを処方してもらえるのか?
Q.5 インフルエンザの予防に効果が続くある期間は、ワクチンとタミフルで同じか?
Q.6 インフルエンザの予防でタミフルを処方された場合、保険は使用できるのか?
Q.7 タミフルを服用する場合、予防と治療で飲み方に違いはあるのか?
Q.8 タミフルで治療する場合、は何日間服用する必要があるのか?
Q.9 タミフルはインフルエンザにかかった後、何日目から服用しても効果は変わらないのか?
Q.10 1シーズンに2回インフルエンザにかかった場合、タミフルはその度に処方してもらうことは可能なのか?
Q.11 ドライシロップを服用後、子供が吐いてしまった。どうすればよいのか?
Q.12 1歳未満の子供に、タミフルを飲ませても大丈夫か?
Q.13 タミフル服用後、急激に熱が下がりましたが心配ないのか?
Q.14 卵アレルギーがありますが、タミフルを服用しても大丈夫か?
Q.15 1日2回服用(1回1カプセル)するところを、一度に2カプセル服用してしまいました。大丈夫か?
Q.16 インフルエンザはA型・B型の2種類があると聞いていますが、タミフルはどちらにも効果があるのか?
Q.17 妊娠をしていますが、タミフルの服用はできるのか?
Q.18 タミフルドライシロップは苦いため子供が飲みたがりません。何か良い工夫はあるか?


A-1
タミフルをインフルエンザの予防に使えると聞いたが、どんな人が処方してもらえるのか?

タミフルの予防投与については、全ての方が対象となりません。また、予防投与は保険給付されず自己負担となりますので医師とご相談下さい。
・原則として、インフルエンザ感染症を発症している患者さんの同居家族又は共同生活者である下記の方のみ病院での処方が可能です。
1)高齢者の方(65歳以上)
2)慢性呼吸器疾患又は慢性心疾患の方(気管支喘息、慢性気管支炎、慢性肺気腫、肺線維症、肺結核、心不全、心弁膜症、心筋梗塞など)
3)代謝性疾患の方(糖尿病等)
4)腎機能障害の方(腎機能の低下により薬の量が違います)
 
A-2
タミフルは、薬局、薬店で買えるのか?

市販のかぜぐすりのように、購入できません。予防でも治療でも同様に医療機関を受診して、医師の診察を受けた後、処方せんを交付してもらう必要があります。詳しくは、医療機関にお問い合わせ下さい。
 
A-3
1シーズンに何回も予防のためにタミフルを処方してもらうことはできるのか?

処方回数の規定はありませんので可能です。 A-1に記載の通り予防投与の対象者は限られます。また、タミフルによる予防保険給付されず自己負担となります。
 
A-4
インフルエンザのワクチンを接種していても、病院でタミフルを処方してもらえるのか?

ワクチン接種の有無にかかわらず、タミフルの処方は可能です。 「インフルエンザかな?」と思ったら、早めに医師の診断を受けましょう。
 
A-5
インフルエンザの予防に効果が続くある期間は、ワクチンとタミフルで同じか?

ワクチンは一般的に接種後約5ヶ月効果が持続するとされていますが、タミフルは服用している期間のみ予防効果を発揮します。
 
A-6
インフルエンザの予防でタミフルを処方された場合、保険は使用できるのか?

タミフルを予防に使う場合は、保険給付の対象となりません。
 
A-7
タミフルを服用する場合、予防と治療で飲み方に違いはあるのか?

一日の服用回数や服用日数に違いがあります。
  服用量・服用回数 服用日数
予防 1日1回 7〜10日間経口投与
治療 1日2回 5日間経口投与
腎機能障害の方(腎機能の低下により薬の量が違います)
なお、予防投与の対象については、年齢以外に患者さんの症状に応じた投与基準があります。A-1をご覧ください。
 
A-8
タミフルで治療する場合、何日間服用する必要があるのか?

通常、タミフルによる治療は5日間です。医師の処方に従って最後まで残さず服用する事が大切です。
(参考)インフルエンザの症状は平均1週間程度持続すること、また体内のウイルスは感染後2−3日後にピークを迎え、急速に減少していくものの約5日後までウイルスの排泄がみられることから、タミフルの投与は5日間が妥当であると考えられます。
 
A-9
タミフルはインフルエンザにかかった後、何日目から服用しても効果は変わらないのか?

タミフルは症状を自覚してから2日以内(48時間以内)に服用を開始することが大切です。 これを過ぎてから服用を開始した場合の有効性を調べた試験は実施しておりません。
(参考)
インフルエンザウイルス量は感染2日後にピークとなり、 その後、減少します。 タミフルはウイルスの増殖を抑える薬なので、発症から服用までの時間が 短いほど効果発現が早い結果が出ています。
 
A-10
1シーズンに2回インフルエンザにかかった場合、タミフルはその度に処方してもらうことは可能なのか?

医師の診断があれば可能です。(A-3を参照)
 
A-11
ドライシロップを服用後、子供が吐いてしまった。どうすればよいのか?

服用直後であれば、再度服用したほうがよいとされています。服用後時間が経っている場合は、タミフルは服用後速やかに吸収されるため、吐き出すまでの時間、吐き出した量などからの判断が必要ですので、主治医に相談して下さい。
 
A-12
1歳未満の子供に、タミフルを飲ませても大丈夫か?

1歳未満の子供では安全性・有効性を十分に検証できておりませんので推奨されておりません。主治医の先生とご相談下さい。
 
A-13
タミフル服用後、急激に熱が下がりましたが心配ないのか?

特に小さなお子様では、急激に熱が下がる例が多いようです。平熱よりもかなり体温が下がった場合は、主治医にご相談下さい。
 
A-14
卵アレルギーがありますが、タミフルを服用しても大丈夫か?

タミフルはタマゴの成分を含みませんが、服用に際しては主治医とご相談下さい。
 
A-15
1日2回服用(1回1カプセル)するところを、一度に2カプセル服用してしまいました。大丈夫か?

一度に2カプセル服用した試験では特に問題となる副作用はみとめられませんでしたが、症状に異変があった場合、速やかに医療機関にご相談ください。
 
A-16
インフルエンザはA型・B型の2種類があると聞いていますが、タミフルはどちらにも効果があるのか?

A型・B型、どちらにも有効性が確認されています。
 
A-17
妊娠をしていますが、タミフルの服用はできるのか?

妊婦・産婦・授乳婦における安全性は確立しておらず積極的な推奨はできません。
主治医の先生とご相談下さい。
 
A-18
タミフルドライシロップは苦いため子供が飲みたがりません。何か良い工夫はあるか?

甘みが強い食べ物と一緒に服用すると良いといわれています。 (ただし、味には好みがありますので、全てのこどもが同様に感じるとは限りません。)
(例)一緒に飲んだ時、苦く感じにくいもの:チョコアイス、ヨーグルト、イチゴ味ヨーグルトココア、オレンジジュース
スポーツドリンク一緒に飲むと味が変化し飲みにくくなるもの:乳酸菌飲料、バニラアイス、りんごジュース
(出典:医薬ジャーナル38(10):2846-2851,2002)
監修 / 長崎大学名誉教授 松本慶蔵


ウェブサイト利用規程個人情報の取り扱いについて
Copyright(c) Chugai Pharmaceutical Co.,Ltd.All rights reserved.